はてな備忘録と雑記

じん兵衛のはてな備忘録 すぐ忘れてしまう「はてな!」を書きためています。

小学校を忌引きで休める日数は曾祖母だと何日まで?

calendar


子供の曾祖母の葬儀に小学生を連れて行く場合、忌引きで小学校を休める日数は幾日までなんでしょうか?

小学校って義務教育ですから、全国一律で同じだと思っていたのですが、

実際には県、市、各学校で違いがありました。

それに、同じ市内の学校であっても、忌引きで休める日数が違う場合があるといいます。

校長や担任教師の裁量で変わるんです。

これは忌引きで休める日数が、法律で定められているわけではないからなんです・・・・今まで知りませんでした。

実際どうなっているのか、身内の葬儀で、小学校を忌引きとして休ませる事ができる日数について調べました。

スポンサーリンク

小学校における忌引き日数の平均的な規定

続き柄別に

父母     7日以内
祖父母   3日以内
曽祖父母  3日以内
兄弟姉妹  5日以内
おじ・おば 3日以内

と規定している学校が多かったのですが、

曾祖母のばあい、学校により対応がバラバラなんですね。

    • 3日以内
    • 1日以内
    • 忌引きではなく欠席扱い

と別れています。

また、遠隔地での葬儀については、「葬祭のため旅行する必要がある場合には実際に要する往復日数を加算することができる」、となっております。

この点だけは各学校とも統一されているように感じました。

また、土日や祭日など、もともとが休日と定められている日は、忌引きの日数に含まれます。

忌引きの日数が3日あるといっても、その3日間が葬儀とかさなれば、かさなった日は忌引き日数に充当されるということです。

たとえば、忌引き日数を3日間もらい、11日(土)と12日(日)に葬儀に出席した場合、

11日と12日は休日だから、13日(月)~15日(水)の3日間が忌引きで休める日だと思ったら間違いなのです。

11日と12日の2日間は忌引き日数に充当されるので、忌引きで休めるのは13日の1日だけです。

スポンサーリンク

曾祖母だと欠席扱いになる学校も

曾祖母の葬儀なら、忌引き扱いではなく普通の欠席扱いとする学校もありますから要注意です。

その他にも、

同居なら忌引き1日

同居でない場合は普通の欠席扱いにするという学校もあります。

いずれにしろ、今通っている学校を休ませるわけですから、担任教師への連絡は欠かせません。

葬儀の連絡と同時に、忌引きとして休める日数を詳しく教えてもらうのが一番間違いありません。

まとめ

小学生が曽祖母のお葬式に行く場合の忌引き日数についてご紹介しました。

同じ市内の小学校でも、学校ごとに忌引きで休める日数を決めています。

ですから、間違いのないことを知るには、今通っている小学校に確認するしかありません。

ある程度、学校の裁量できまることもありますので、特別な事情がある場合など、担任教師に相談されることをおすすめします。

スポンサーリンク

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す