意味 違い 読み方

小学生以下と小学生未満で小学生入るのはどっち?

2014年8月12日

小学生以下 無料
小学生未満 無料

料金窓口でこれらの表示をみることありますよね。

どちらも同じことをいってるように見えるのですが、それぞれの意味は違います。

小学生が無料になるのは、

小学生以下」と書かれた方です。

小学生未満」では小学生は無料になりません

小学生以下と、小学生未満の違いについて解説します。

   

小学生以下とは小学生入る?

遊園地や展覧会場の入り口でよく見かける、「小学生以下無料」とか「小学生未満無料」の案内。

若い夫婦が話しています。

「小学生以下無料になっているから、小学生のこの子は無料にならないよね」

「いや違うだろう。小学生以下なら小学生は入るから無料になるだろう」

これはどちらの意見が正しい?

答えは

小学生以下とは小学生は入る」です。

よって、小学生であれば料金は無料になります。

「〇〇以下」とは「〇〇」を含めてそれより下という意味です。

「小学生以下とは」小学生を含めその下の幼稚園児、乳幼児、0歳児までの子をさします。

小学生以下無料なら、小学生は当然無料になります。

スポンサーリンク

小学生未満とは小学生は入らない?

小学生未満とは小学生は入りません。

「〇〇未満」とは「〇〇」に達していないという意味です。

小学生未満とは」、まだ小学生には達していない幼稚園児、乳幼児、0歳児の子をさします。

小学生未満無料なら、小学生は無料となりません。

小学生が無料となるのは「中学生未満無料」の場合です。

なお、「以下」「未満」の他にもある基準の上とか下、範囲の内であることを表す言葉として、「以上」「以内」「超」「以前」などがあります。

うっかりしてると誤用してしまうこともあります。

それぞれの意味を整理すると次のとおりです。

「以下」と「以内」の違いは

「〇〇以下」と「〇〇以内」は「〇〇」を含めてそれより下をさすところは同じです。

内容によって使い分けられるのですが、全く違う意味になることもあります。

「1000円以下」の買い物は、1001円は使えず、1円~1000円の範囲で買い物します。

「1000円以内」の買い物も使える金額は「1000円以下」と全く同じです。

「1000円以下」=「1000円以内」という図式が成立しますが、

「500円は使ってもいいいよ」であれば、

「500円から1000円以内の買い物」といい「500円から1000円以下の買い物」とはいいません。

「〇〇以内」とは、「〇〇」を含めてある基準の範囲の内をさします。

500円から1000円以内の「以内」とは500円~1000円の範囲をさしています。

また、順位などに関しては「〇〇以下」と「〇〇以内」では意味が全く違うこともあります。

「クラスで5番以内」とか「マラソンで5位以内」といえば、1番~5番の順位になります。

それを

「クラスで5番以下」とか「マラソンで5位以下」といえば、1番~5番以外の順位になってしまいます。

成績優秀とはいえませんね。

スポンサーリンク

「以上」と「超(上回る)」の違い

「〇〇以上」は、「〇〇以下」「〇〇以内」と同様で「〇〇」は含みます。

「〇〇超」は

「〇〇」を超える、超過する、上回るという意味なので、「未満」と同様に「〇〇」は含みません。

例えば、

「20以上」とは、20,21,22~上限

「20以内」とは、20、19,18~1

「20超」とは、21,22,23・・・上限

となります。

つまり、「以(い)」という文字が使われていれば、そのものは含まれます。

ただし、何事にも例外はあるようです。

「以前」という言葉使いには注意が必要です

以前とは、(基準の時を含んで)それより前です。

以上、以下、以内と同じ考え方ですね。

ただ、例外的に、「以」という言葉がそのものを含まない場合があります。

「令和以前」と聞けば、「令和」を含まない「平成」「昭和」などの時代を想像しますし、

「2021年以前」といわれれば、2020年、2019年に思いを寄せます。

「Windows11以前のOS]といえば、「Windows11」は含めず、Windows10、Windows8,7,XPなどをさすと考えるのは私だけかな?

例外的に、「以」という言葉がそのものを含まない場合があると思っています。

「以」は基準となる数値を含むのが普通ですが、例えば「明治以前」というときに、明治時代を除いて、その前をさす場合もある。
引用元:weblio辞書

法律用語で「〇〇以前」を使う場合は、「〇〇以下」や「〇〇以上」と同じ意味で使われるということです。

日常では「以前」だけが例外的な使い方があるみたいですが、考えてみたら普段何気なくそんな使い方をしていませんか。

はてな?とは思いつつ、なんとなく納得です。

また、「◯日以内に」」とよく似た言い回しで、「◯日までに」があります。

「まで」については「まで」が含む範囲とは?にまとめました。

小学生以下無料のサービスは遊園地だけではないですよ

旅行では小学生以下無料を賢く使わないと、ずいぶんと損することになりかねません。

家族旅行で費用がかかるものといえば、やっぱり宿泊代ですよね。
そこで、なんとか子供料金をお値打ちにできないかと考えるのであれば、

キッズステイ無料というサービスをとり入れている全国チェーンホテルを利用するべきです。
小学生以下の子供が、同じベッドに両親あるいは祖父母と添い寝するなら、子供の宿泊代は無料になるというサービスなんです。

宿泊代はもちろん、朝食も無料で利用できます。
その他、独自のサービスを用意しているホテルもあります。

小学生のお子様を連れての家族旅行には是非事前にチェックしたいサービスです。
全国のホテルを簡単チェック⇒

ホテルドーミーイン
ホテル東横イン
コンフォートホテル(チョイスホテルズ)
リッチモンドホテルズ

など、どのホテルも全国にチェーン展開していますので、旅行プランにピッタリのホテルが見つかるのではないでしょうか。

あと、家族旅行とは違いますが、遠方での葬儀に小学生を連れて行く場合、欠席扱いされないで小学校を休める日数ってご存知ですか。

忌引で休める日数はコチラの記事にまとめました。小学校を忌引きで休める日数は曾祖母だと何日まで?

スポンサーリンク

-意味 違い 読み方

© 2021 はてな備忘録と雑記