はてな備忘録と雑記

じん兵衛のはてな備忘録 すぐ忘れてしまう「はてな!」を書きためています。

弔電は通夜と告別式のどっちへいつまでに?宛名は喪主にするのがマナー?

calendar

reload

弔電は通夜と告別式のどっちへいつまでに?宛名は喪主にするのがマナー?


こんにちは じん兵衛です。

訃報を知らされても遠く離れていると、通夜や告別式に参列できないことがありますよね。

こんなときは、弔電を送りお悔やみを申し上げるとともに、香典を書留で送りたいものですが、弔電は通夜と告別式のどっちへいつまでに届くように送ればよいのでしょうか。

また、喪主とは面識がなく、その親族との付き合いがある場合でも、

弔電の宛名は喪主にするべきなのか、それとも付き合いのある親族の名前宛で送ればよいのか

など、

知っておくと助かる弔電についてのマナーをご紹介します。

スポンサーリンク

弔電はお通夜には届いているように送りましょう

一般に弔電は告別式で読み上げられますので、告別式に間に合うように届けばいいのではと思いがちですが、
地域によっては、通夜で弔電を読み上げることもあるようです。

それと、

弔電を、選び読み上げる順序などは、喪主が決めるのですが、正しい順序はどうなのか色々迷うこともでてきます。

式が始まる時間ギリギリで届いていては、読み上げる順など調整する時間もありません。

喪主を始め親族の方は忙しいのですから、

訃報を知った時間にもよりますが、日程を聞いて間に合うようなら、通夜が始まる前にお届けするのが親切というものです。

もし、告別式にも間に合わないようなら弔電を送るのは控えるべきです。

後日手紙などを送り、お悔やみをお伝えするのがマナーというものです。

弔電を届ける場所は自宅と式場のどっち?

弔電は通夜を行う式場の方へ届けてもらうのがいいですよ。

自宅だと何かと取り込み中で、弔電がどこかへ紛れ込んでしまうことだって考えられますし、みんながでかけて留守になってから配達されても困りますよね。

弔電は、告別式場にいる喪主宛に送る手配をしたほうが間違いないです。

式場は喪主の名前で管理されていますので、喪主の名前宛で送ります。

告別式場の住所
喪主名
(告別式場名)

で送ります。

このとき、

式場名 気付
(喪主の名前) 様

で送らないようにしてください。

NTTに電報を依頼すれば、係員もよく承知していますから、

喪主の名前と式場名を伝えれば、そのように宛名を手配してくれます。

宛名は喪主の名前それともお悔やみを伝えたい相手?

弔電を誰宛に送るか迷う場合もあるとおもいますが、

基本は、喪主が弔電の受取人になります。

あなたが、

  • 喪主の知り合いなら・・喪主名宛
  • 喪主以外の親族の知り合いなら・・該当親族名宛
  • 故人の知り合いなら・・喪主名宛

にします。

喪主の名前がわからないときは、

「(故人名)様ご遺族様」「(故人名)様ご一同 様」宛でも問題ありません。

喪主以外の該当親族に送りたい場合は、受取人名の部分に、
「(喪主の名前)様方 (該当親族の名前)様」とわかるように手配します。

スポンサーリンク

弔電の差出人

差出人はどんな人なのかがはっきり分かるようにしましょう。

喪主や親族の知り合いであれば、名前だけで分かってもらえます。

でも、故人の古い友人とか、仕事上などで付き合いのあった人なんかだと名前だけでは分かってもらえず、喪主に余計な気遣いを与えることもあります。

故人との関係が分かるように差出人の名前の横に一言添えると親切だと思います。

東京 太郎(〇〇大学 学友)
東京 太郎(〇〇株式会社 営業部長)

差出人は連名でもいいか

2~3人の連名なら、書いてもいいと思いますが、人数が多い場合は、〇〇一同とまとめたほうがスッキリします。

◯◯高等学校 同窓生一同
〇〇株式会社 営業課一同

まとめ

弔電は、できれば通夜式の始まる前までに届くように送ります。

届け先は、自宅ではなく、告別式場に送ります。

宛名は、喪主の名前で送るのが基本ですが、状況に合わせて宛名は変えてもよいです。

弔電は故人にではなく、喪主に送るものです。

故人の家族を思いやれる電報を送りたいものですね。

関連記事
>>通夜と告別式なら香典を渡すのはどちらか全国の平均データを見る

スポンサーリンク

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す