はてな備忘録と雑記

じん兵衛のはてな備忘録 すぐ忘れてしまう「はてな!」を書きためています。

退職届は手書きじゃないとダメは古い考えパソコンで作成すればい

calendar


こんにちは 筆不精のじん兵衛です。

退職届を提出することになり、ふと考えるあなた。

退職届は手書きじゃないとダメではないのかパソコンで作成するのは今まで世話になった会社に失礼なのでは?

そんなこと考えるあなたは、いい人なんですね。

今どき手書きの文書にこだわるのは、それなりの字がかける達筆な人で、普段から書き慣れている人くらいですよ。

自分の書く字に自信がないじん兵衛には、とてもマネができません。

悩むなんてむだなことはやめて、さっさとパソコンで作成しちゃいましょう。

スポンサーリンク

手書きの退職届は誠意がつたわるって?

手紙を書く
誠意ってなんですか。

退職届って、会社に誠意をつたえる役割もおわされているんですか?

心をこめて丁寧に書いたつもりでも、ミミズが這いつくばったような文字では、その心も伝わりづらいですよ。

もっとも、いくら下手な字でも、詫び状などであれば手書きした気持ちは相手につたわるものなんですがね。

だけど、退職届に誠意をつたえる役目ももたせよう、なんて考えは不要です。

腕に自身のある人は手書きすればよし、

そうでなければ、パソコンでちゃちゃっと作成してプリントアウトすればいいんです。

退職届の書き方はこっちに書いてありますよ。

スポンサーリンク

パソコンで作成するとき守りたいマナー

パソコンで文面を作成しても、これだけは自筆にしてほしいのが署名です。

ですから、自分の名前をパソコンで入力するのはやめてください。

一般的な書類の中には、名前が印刷されていてハンコを押すだけのものもあります。

ハンコの効力からいえば、それでも通用するのですが、

それでも重要な契約書ともなれば、最後の名前の部分は、自筆による署名が当然とされています。

誠意という言葉を出すのであれば、

退職届に記す自分の名前は、自筆で署名捺印するのが誠意であり、一つのけじめであると考えます。

自分の名前だけなら、筆不精の人でも書きなれていて書くことに抵抗はないはずです。

会社指定の退職届に記入して提出するようにいわれた場合

会社の指示に従います。

がんばって手書きしましょう。

でもじん兵衛は、指定の用紙をスキャナーで読みとって、パソコン上で記入していく方法を模索するかもしれません。

それとも、指定の雛形をそっくりそのままエクセルで作成して、とにかく手書きをしなくていい方法を考えます。

手書きしたほうが、時間も労力も少なくすむのですが、

それだけ手書きが苦手な人間もいるということです。

まとめ

退職届は手書きじゃないとダメなのか?
パソコンで作成してはいけないのか?

答えは、手書きで出すようにとの指示がない限り、あなたにとっての楽な方法を選べばいいだけです。

スポンサーリンク

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す