はてな備忘録と雑記

じん兵衛のはてな備忘録 すぐ忘れてしまう「はてな!」を書きためています。

離職票が届かないのは嫌がらせかも?だったら無視してこうすればよい!

calendar

reload

離職票が届かないのは嫌がらせかも?だったら無視してこうすればよい!


じん兵衛が若い頃に体験した話です。

あなたの状況とは違う部分もあるかと思いますが、退職して2~3週間以上が経っても離職票が届かない人への話です。

もし離職票が届かないのが会社の嫌がらせだとしたら、どうしますか。

嫌がらせで離職票が届かないのなら、そんな会社と話し合う努力をしてもなんの役にもたちませんよ。

じん兵衛は、会社に催促せず、待つこともせず、この方法でさっさとハローワークへ失業保険給付の手続きをしましたよ。

その方法とは、

スポンサーリンク

ハローワークへ離職票の再交付を申請

ハローワークに、「雇用保険被保険者離職票再交付申請書」を提出します。

「会社から送らてきた離職票をなくしたので、再発行して下さい」というわけです。

ウソも方便ですよ。
お釈迦様もお許しになってくれますから。

運転免許証をもって、会社の所在地を管轄しているハローワークへいきました。

免許証のない人は、住民票の写しなど本人確認の出来る書類をもっていきます。

「すみません。会社から届いた郵便物を家族のものが受け取ったんですがなくしたようなんです。」

「離職票がはいっていたはずなので、再発行してもらえますか?」とニッコリ申し訳なさそうに尋ねます。

そうすれば、係員が、会社から「雇用保険被保険者資格喪失届」が提出されているか、いつ処理が済んだか調べてくれます。

この段階で、ハローワークでの離職票発行が確認できれば離職票再交付の申請を受付てくれます。

無事その日のうちに、失業保険の手続きを始めることがでました。

資格喪失届は、退職した翌日から10日以内に届出ることが法律で定められています。

ですから、たいていの会社は、ここまでの手続きはしているはずなんです。

しかし、ハローワークで発行された離職票を退職者に何日以内に渡さなければならないという決まりはありません。

渡す渡さないは、会社次第ということです。

法の抜け道なんなのか、発行した離職票は当然に退職者に渡るとの前提なんですね。

悪の会社は、逆手に取ります。

ハローワークに届ける義務はあるが、退職者に渡す義務はない、という理屈です。

こんな会社だったら、相手にするだけムダだと思いませんか。

スポンサーリンク

会社から離職届がでていない場合はどうする

こうなるとちょっと困った状況になります。

なにしろ、会社は法律違反を犯しているわけで、善意ある会社とはいえないです。

そこには、想像以上に悪化している退職者との関係があるのでしょう。

ハローワークから、会社に離職届を出すように連絡してもらうしかありません。

担当者も、最初は「自分で会社側に早く届けを出すよう督促して下さい」なんていうと思いますが、

会社との関係が悪化している事情を説明し、ハローワークに会社との交渉を依頼します。

そのためには、ハローワークの担当と仲良くなり、コミュニケーションも十分にとって味方につけます。

でも、それなりの日数がかかることは覚悟しておく必要があります。

それに、会社がすなおに応じないことだってあるかもしれません。

でも心配なく、最後の手段として、ハローワークの方でちゃんと離職票を発行してくれます。

あきらめることはありません。

おわりに

退職後、2~3週間過ぎても会社から離職票が届かなければ、

会社の所在地を管轄するハローワークへ出向き、

会社から離職届けがでているかどうかを調べてもらいます。

離職届がでていれば、離職票が会社に留め置かれている可能性が高いです。

さっさと、離職票の再発行を申請します。

そもそも、会社から離職届がでていないのなら、最悪の状況です。

 

自分で思い悩んでいるだけでは、ことは解決しません。

ハローワークに相談して味方になってもらうしかりません。

1年間の給付期間は待ってくれませんから、早く行動しなかったことで、損するのは自分ですよ。




この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す