はてな備忘録と雑記

じん兵衛のはてな備忘録 すぐ忘れてしまう「はてな!」を書きためています。

日までは当日を含みますか?当日中に完了させれば良いのでしょうか?

calendar

reload

日までは当日を含みますか?当日中に完了させれば良いのでしょうか?


こんにちは じん兵衛です。

「〇日までに~をやっておいて」

こんな言い方で期限を決められて、人から頼まれることは、しょっちゅうです。

でも、相手がいう「〇日まで」って、いつのこと?当日も含むの?

当日中にやってあげれば、相手の希望をかなえることになる?

不要なトラブルを避けるためにも、相手の真意は正しく理解しておきたいものです。

あなたなら、「〇日までに」と指示されたとき、

「○日まで」の意味をどうとらえ、どう対処しますか。

じん兵衛が「◯日まで」という期限についての考えを整理します。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

「〇日まで」といわれたら、その当日を含む

「20日まで」というのは、当日を含む20日中にということです。

ことばの意味として、こう理解するのは正しいことで、間違ってはいませんよ。

でもね、ことば自体の意味が分かるだけではしょうがないんです。

問題は、「20日まで」と期限を区切った相手の真意に思いをめぐらし、どう行動するかです。

ある実例です。

課長:「田中くん、来週の20日13時から販売会議があるから、資料をまとめて20日までに持ってきてくれ」

田中:「はい、わかりました。20日までにお持ちします。」

田中さんは、「20日までに」を、額面通り「20日中に」と理解しました。

そして19日の退社時間が近づき、

課長:「田中くん、まだ資料がきていないがどうなっているんだ。」

田中:「明日の13時には間に合うようにしています」

課長:「なにいってるんだ、それでは資料のチェック、確認が充分にできないだろう。20日までといったら19日中に持ってくるのが常識だろう。」

田中さんは、課長から大目玉を食らいました。

これって、どっちが悪いんでしょうか・・・

「いえいえ、19日中は課長の常識で世間の非常識ですから・・ブツブツ」

もし、こんなこと思って反省をしない田中さんなら、この先の出世はむずかしいでしょう。

この場合、田中さんは、「どうなってるんだ」と聞かれたその場で、すぐ自分の間違いに気づき、

田中:「今日中にすませ、明日9時にはお渡しできます。遅れて申し訳ありません。」

こう返事するべきでした。

これなら、課長から大目玉を食らうことはなかったはずです。

課長がいう「20日まで」とは「20日になる以前の日、18日とか19日」のつもりだったんです

しかし、田中さんは、「20日まで」を、ことば通りに、20日中と理解しました。

そして、会議は13時から始まると聞いてるので、13時に間にあえば良いと考えたんですね。

「20日まで」の意味としては間違いではないんですよ・・・

だけど、「20日まで」といった課長の真意をくみ取ろうとはしませんでした。

そのせいで、課長には満足してもらえるどころか、逆に怒らせてしまったのです。

スポンサーリンク

「◯日まで」って実は曖昧な表現です

だったらもっと分かりやすく、

課長:「田中くん、来週の20日13時から販売会議がある。それまでに資料に目を通したいんで19日中か遅くとも20日の9時には持ってきてくれ

田中:「わかりました。できれば19日中、遅くても20日9時にはお持ちします

こんなやり取りなら双方の認識にズレは生じませんでした。

しかし、あなた、手取り足取りで指示を出してくれる人間なんていませんよ。

8~9割程度話したらあとの1、2割は、「よきにはからえ」です。

この「よきにはからえ」は、

こちらの意をくんだうえで、あとは自分でベストだと思うことをやれということです。

「○日まで」と指示されたら、「まで」に込められた気持ちを察するのはこちら側の仕事なんです。

怖いですね~、怖いですよ~

ことばの行き違いを防ぐ方法

無用なトラブルを避けるためには、頭を働かせないとだめです

「20日まで」と指示されたら

「20日中にお持ちすれば良いでしょうか?」とこちら側から確認することです。

違っていれば、もう一言、二言を話してくれますから。

双方の認識にズレを生じさせないよう、相手の意向は詳細に確認しておきましょう。

20日までに振り込んでくれ、支払ってくれとは

振込

「20日までに振り込んでくれ、支払ってくれ」といわれたら、あなたはどうしますか?

20日中に、銀行窓口やATMから振込みの手続きをすませて支払えばそれで大丈夫。

なんて思っていたら、

はい、あなた「それはブッブ~、大きな間違い」です。

「20日までに振り込んでくれ、支払ってくれ」とは「20日までに入金してくれ」ということ。

あなたがいつ振込手続きをしたかなんて、そんなことはどうでもいいことです。

預金通帳の20日の入金欄に請求額が印字されていればいいんです。

「20日まで」に振り込んでくれといわれたとき、

自分を中心にしていると、

20日中に振込すればいいんだ。それがいつ入金になるのかは、こちらの知ったことではない」となります。

これが、手形決済に予定していたお金だったら、不渡りを出すか出さないかの、一大事ですよ。

相手中心の気持ちになって、どうすべきかを考えることが大切です(キッパリ)。

いや~、何十年かかったことか、じん兵衛もやっとこれだけのことがいえるようになりました。

スポンサーリンク

31日までに送って下さいとはいつまで

自分を中心に考えてしまうと、31日中に郵送すれば良い(31日の消印があれば良い)と思ってしまいます。

でも、相手からすれば、「31日までに届けて下さい」といってるつもりですよ。

「まで」って、曖昧なことばなんです。

話し手と聞き手で受け取り方が違ってくるのはしょっちゅうです。

履歴書、入学願書など、1日遅れでも致命的な失敗になる郵便物は慎重に期日を確認しないといけません。

「31日必着で送って下さい」

これなら、勘違いが生じる恐れがないですね。

小学生まで無料とは

遊園地、水族館などの入り口で「〇〇は料金無料」の案内をよく見かけます。

「小学生まで無料」と書いてあれば、小学生が無料になるのは間違いないです。

でも、よく似ている表現で、以下、以上、未満などがあります。

「小学生以下無料」といわれたら、

小学生は無料?それとも有料?

以下、以上、未満については小学生以下無料の範囲は?正しい理解で損しない! にまとめました

まとめ

「◯日まで」はその当日を含む「◯日中」ということです。

辞書的にはこれで正しいです。

ただし、

話し手と聞き手が、同じ認識を共有するとは限りません。

ある人は、

「15日まで」は当日を含む「15日中」で良いとし、

別の人は、

「15日まで」は15日になる前で「14日中」という意味で使います。

「〇〇まで」は、実に曖昧ないい方になります。

「期限」にまつわるトラブルを避けるには、

曖昧さをなくして、具体的な日時の認識を共有することが必要です。

スポンサーリンク

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す