はてな備忘録と雑記

じん兵衛のはてな備忘録 すぐ忘れてしまう「はてな!」を書きためています。

御中の意味と正しい使い方!宛名が〇〇係行のときはこうする

calendar

reload

御中の意味と正しい使い方!宛名が〇〇係行のときはこうする


手紙やビジネス文書を書くとき、
宛先の下につける「御中」の文字。

御中にはどんな意味があり、どんな使い方が正しいのでしょうか?

また、「様」とはどこが違うのでしょうか。

この記事では、御中の意味や正しい使い方及び「様」との違いについても詳しく解説します。

スポンサーリンク




御中の意味と正しい使い方

御中

会社名・団体名やそれらの部署名のあとにつける敬称です。

ですから、会社名、部署名などの次に個人名がくれば、「御中」は使いません。
その場合は個人名の後ろに「様」の敬称をつけます。

「〇〇株式会社 御中」
「〇〇組合 総務部 御中」
「〇〇株式会社 営業部 東京太郎 様」

のように使います。

「御中」の意味は、

その宛名の中にいるどなたか担当者様へ」ということです、

その会社・団体・係の担当者名がわからなくて、誰宛に出せばいいかわからないとき、

またはその宛名の中にいる人ならどなたでもいいですという場合に宛名の下に「御中」をつけます。

「〇〇株式会社 御中」と書けば、

「〇〇株式会社の人ならどなたでもいいですから読んで下さい」という意味になります。

「御中」とは、その封筒を開いて読んでくれる「どなたか様」に対してつける敬称だと覚えるといいですよ。

スポンサーリンク




宛名に「御中」でなく「様」を使うのはどんなとき?

「様」は、宛名が特定の個人名になっているときに使う、最も一般的な敬称です。

宛名が会社名、組織名、団体名であっても、その中の特定の個人名も併記する場合は、個人名の下に「様」をつけます。

このとき、会社名などには「御中」をつけ、個人名には「様」をつけて、「御中」と「様」の両方を書くのは間違いです。

〇〇株式会社 営業部 御中
東京太郎 
は間違いです。

〇〇株式会社 営業部
東京太郎 
が正しい表記のしかたです。

宛名の「〇〇係 行」は「御中」と「様」のどちらで書き直す?

宛名が「〇〇係 行」の封筒を前にして考えこんでいた家内が声をかけてきました。

返信用封筒やハガキが同封されていた場合には、大体が封筒の宛名には「〇〇行」と印刷がされています。

この場合、宛名の〇〇が個人名だったら「行」を二重線で消してその横のところに「様」と書きなおします。

「〇〇」が会社名だったら「行」を御中になおして投函しますよね。

返信用の封筒・ハガキの宛名書きマナーとして、たいていの人がそうします。

では、「係」という宛名はどう扱えばいいのでしょうか。

「〇〇係 様」とするのか、

あるいは

「〇〇係 御中」にするのか。

家内はここで迷っていたようです。

そこで主人たる私の出番です。

正解はズバリ

「〇〇係 御中」です。

」とは、組織をあらわす部署名の一部であり、部長や課長のような役職をあらわすことばではありません。

「係」あてにだすときには、

担当者がわかるときは、個人名をつけ加えて「〇〇係 △△様」とするのがいいです。

わからないときは、〇〇係という部署名あてにだすのですから、

「〇〇係 御中」 にするのです。

>>担当の宛名につける敬称は御中か様かどっち?意外と知らない…

スポンサーリンク




「行」や「宛」の文字の消し方

「行」や「宛」は二重線で消します。
この場合、二重線の引き方には二通りの方法があります。

縦書きの場合
・縦にまっすぐ引く
・右上から左下へ斜めに引く

横書きの場合
・横に真っすぐ引く
・右上から左下へ斜めに引く

どちらの方法を使ってもよいのですが、絶対にやってはいけない消し方があります。

それは、

  • 何もしないで「行」や「宛」のまま送る
  • 「行」や「宛」を、真っ黒に塗りつぶす
  • 「行」や「宛」を、修正ペンで消す
  • 訂正線が、1本あるいは3本以上

これらの方法はビジネスマナーに違反するといわれています。

受け取った相手に不愉快な思いをさせないよう正しい方法で「行」や「宛」を消してください。

「行」や「宛」を消したあと「御中」や「様」はどこに書く?

縦書きの場合は訂正箇所の、

  • 真下に書く方法と、
  • 左横側に書く方法があります。

右横に書くという人もいるようですが、
縦書きの場合、右の行から左の行に書き進めることを考えると、書き加える文字が、元の文字の右側にくるということには違和感を感じます。

横書きの場合は訂正箇所の、

  • 消した文字の右に書く方法と
  • 下側に書く方法があります

上側に書くという人もいるようですが、横書きは上の行から下の行へと書き進めますので、下側に書き加えるの自然の筆運びではないでしょうか。

「御中」を返信用封筒の宛名の下につけてもいいのか?

取引先に書類などを送り、その返事がほしいときがあります。

そんなときには、返信用封筒を同封するのですが、自社名や担当部署名に「御中」をつけてもよいのでしょうか。

うっかりすると、宛名が会社名になってるから「御中」にしておこうとなりがちですが、これはダメです。

個人宛の返信用封筒、ハガキに、
「東京太郎 様」とかくようなものです。

返信用封筒の自社名、部署名に「御中」をつけることはしません。

個人でしたら、「東京太郎 宛」

ビジネスシーンで使うなら、

「〇〇株式会社 行」
「〇〇株式会社 応募係 行」

です。

「宛」を使ってもいいのですが、「宛」は受取人が個人名の場合に使われることが多く、「行」はビジネスシーンで使われることが多いというだけです。

どちらが正しい、ということはありません。

組織に書面を郵送する場合の宛名書きは

    • 〇〇株式会社 御中
    • 〇〇株式会社 △△
    • 〇〇株式会社 △△部 御中
    • 〇〇株式会社 △△部 〇〇 
    • 〇〇株式会社〇〇係 御中
    • 〇〇株式会社〇〇係 ご担当者 
      (「ご担当者」は個人の扱いとなります)

のように

個人名をつける場合と、つけない場合で「御中」と「様」を使いわけます。

お寺に手紙を出す場合、宛名の敬称はなに?

お寺さんに郵便物をだす場合って、様と御中のどちらを使えばいいのか迷ってしまう方もいると思いますが、

お寺は宗教法人であることを考えれば一般の会社や団体と同じ扱いをすればいいと思います。

お寺宛は
〇〇寺 御中

住職の名前が分かっていれば
○寺 住職 〇〇〇〇様

住職の名前がわからないときは
○○寺 住職 様

あるいは

○○寺 御住職 様

とします。

ただ、お寺によっては、住職が変わることがありますので、個人名を書くと、新しい住職が郵便物を開いていいものかどうか迷われることもあると思います。

用件があって寺院へ手紙をだす場合は、

「〇〇寺 御中」とするのが無難だと思います。

「御住職 様」と「住職 様」 では国語的には「住職 様」が正しいのですが、

御をつけたほうが丁寧でおさまりがいいと感じられるのであれば、お寺さんに限っては、「御」と「様」両方つけてもいいのではないかと思います。

御中と様ではどっちが格上?

「御中」と「様」では、「様」のほうが格上
の扱いのようです。

たしかに、「誰でもいいから読んで下さい」という手紙と、

〇〇様に読んでいただきたい手紙です。

では、受け取る方の気持ちも違ってきますよね。

個人名がわかっている場合は、組織あてということで、機械的に「御中」を使用するのではなく、

個人名をかいて「様」をつけるほうが受け取る人から親しみを持ってもらいやすいかもしれません。

しかし、いくら親しみがわくからといって、

〇〇株式会社御中 様
(明らかな二重敬称になります)

とか、

〇〇株式会社 様
(様は個人名につける敬称です)

などは間違った用法となりますので、使わないように気をつけましょう。

また、役職名宛に書面をだす時、

宛名の下に「御中」、「様」、「殿」などのどちらを使うべきか迷うことあります。

たとえば、宛名が営業部長の加藤さんの場合,

正しいのは、

「〇〇株式会社 営業部長 加藤様」
なのですが、

「営業部長」が誰なのかわからないときはどうします?

「営業部長 様」と、かきたくなりますが、それ、間違いです!

「営業部長 殿」が正しい使い方です。

書類やメール等文章を書く機会の多い社会人
にも有益な本。手元に置きたい1冊です。
>>日本語の正しい表記と用語の辞典 第三版 [ 講談社校閲局 ]

スポンサーリンク




この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す