請求書や領収書の宛名には御中でなく様がスッキリ落ち着く!

calendar

reload

請求書や領収書の宛名には御中でなく様がスッキリ落ち着く!


会社名に様はつけない、
会社名や組織名には御中をつけるものだと宛名が〇〇係なら御中をつけ様はつけないで説明してきました。

それが正しい敬称の使い方だからです。

しかしこれは、郵送する際における封筒やハガキの宛名書きについてのことです。

じん兵衛は、同封する書類が、請求書、領収書などの文書の場合は、

請求書(中央寄せ)

〇〇会社 様(左寄せ)

と書き、御中は使いませんでした。

スポンサーリンク

請求書などの宛先を会社名にする場合の敬称は様が自然

そもそも会社名に御中をつけるのは、

「その宛名の中にいるどなたか担当者様へ」という意味をこめているのです。

「中の人へ」を表す「中」に丁寧語の「御」をつけたもので、その封筒を開いて読んでくれる「どなたか様」に対する敬称なんですね。

だったら、請求書の宛名に御中をつけるのは変だと思いませんか?

請求書は、会社本体に対して支払を請求するものです。

お金を払ってくれるのも会社本体のはずです。

なにも「その会社の中にいるどなたか担当者様」に支払を請求しているわけではないですよね。

会社は、法人であり、人とは違いますが法律上人格を認められています。

その法人に対して請求書をだしているのです。

ですから、

封筒の宛名には
〇〇株式会社 御中
と書かないといけませんが、

封筒の中に入れる請求書などの文書には
〇〇株式会社 様

と書きます。

封筒の宛名にも様をつけたいなら、

〇〇株式会社 経理担当者 様 
(請求書在中)

と書きます。

これが理にかなってスッキリした形であると、じん兵衛は考えています。

スポンサーリンク

請求書などの文書につける「敬称」は、何が正しい

また、こんな相談もあります。

質問は
「請求書などの文書の宛先に書く企業名に付ける「敬称」は、何が正しい?」

請求書の文面に書く相手方の名前(社名)の敬称は、団体や法人でも「様」とした方が良いかどうか悩んでいます。最近、上司に「請求は担当者にするものではなく会社本体にするものだから、『御中』ではなく『様』で」と指示がありました。以前は会社名に「様」を付けるなんて…という感覚だったのですが、会社自体に宛てた際の敬称は、本当に「様」で良いのでしょうか。

回答は、
封筒でも文書でも同じです。しかし、市販されている領収書にはあらかじめ「様」が印字されているものもありますね。この場合はあえて「様」を「御中」に訂正して使用しなくてもいいのですが、「様」の印字がないものや自社で請求書を作成する場合は「御中」を記入します。

敬称を使う際、大切なのは相手を敬う気持ち。確かに一般的なビジネス文書上、会社名の敬称は「御中」、個人の敬称は「様」ですね。しかし、「様」はどのような場面でも違和感なく口頭や文書で使われています。不特定の人の目に触れる封筒は「御中」で、宛先会社内の方へ“大切に読んでいただきたい”という敬意を込めて文書に「様」を用いることは不自然なことではありません。
引用元:日本電子電話ユーザー協会

会社宛にだす請求書、領収書などの文書には御中でなく様をつけたほうがいいのではないか。

じん兵衛は、この上司の方に賛同します。

とはいえ、ネットで見ると、会社関係への請求書は、ほぼすべてのテンプレートで、

〇〇株式会社 御中

となっており、様となっているのは、社名に個人名が併記されているものです。

その他大勢とは違う道を進むのはたいへんですけど、じん兵衛は「様」をつけてきました。

実際に、請求書に様がついているのは、それほど珍しいことでもありません。

あなたが会社で見る請求書の文書、宛名は「御中」と「様」のどちらが多いですか。

まとめ

会社名や組織名につける敬称は御中です。
様は個人名につける敬称です。

これが基本でありますが、

請求書など、会社や組織など本体にたいする文書の場合は、御中でなく、様をつけるほうが自然であると考えています。

でも、かた苦しく考えることもありません。

自分の書きやすい方で書けばいいんです。

スポンサーリンク

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す