はてな備忘録と雑記

じん兵衛のはてな備忘録 すぐ忘れてしまう「はてな!」を書きためています。

敬称の殿と様!使い方で悩むのはこれで終わりにしよう

calendar

reload

敬称の殿と様!使い方で悩むのはこれで終わりにしよう


手紙の宛名につける敬称の殿と様の使い方について、どう使い分けるかは悩ましいところですよね。

とくに、殿の使い方って、普段は使わないだけによく分からないところがあります。

だからこそ、殿の使い方を知れば、自ずと様の使い方も分かるというものです

加藤一郎 殿」と「加藤一郎

その違いはどこにあるのでしょう。

「そんなの、どっちでも同じなんじゃないの」と思いがちですが、

「殿」あるいは「様」にするには、それなりの理由があるはずなんです。

それに、名前に役職が付いてくると、「どっちでもいいか」なんて、いい加減なことはできません。

この記事では、殿と様の使い方について、じん兵衛がまとめます。

スポンサーリンク

殿と様の使用例

使い方は、宛名の書き方や書面の種類によって、それぞれ違ってきます。

宛名が個人名の場合

加藤一郎 殿
加藤一郎

どちらでも使えますが、」がもっとも一般的な敬称として使われています。

殿」は私的な手紙などと違う、公用文や形式的な信書に使われることがほとんどです。

たとえば、

裁判所、検察庁、警察署などからの呼出状はほぼ間違いなく「氏名+殿」でくると聞いています。

お上の上から目線、とは思いません。たんに公的な信書だからなんでしょう。

それに、「氏名+様」で呼び出しをかけるのは気持ち的に抵抗もあると思いますよ。

なお、年賀状、暑中見舞い、お礼状などの私的な手紙に限り、目上の人に対して「殿」を使うのは失礼となります。

スポンサーリンク

ビジネスの場ではどちらを使う?

対外的な書面には、基本、「様」を使います。

A株式会社 営業部 田中太郎  ◯
A株式会社 営業部 田中太郎殿  △
A株式会社 営業課長 田中太郎 ◯
A株式会社 営業課長 田中太郎殿 △

「殿」を使うのも、間違いではありませんが、少しかた苦しい感じは受けます。

親近感を演出するには、「様」の方が合ってます。

それに、「殿は目下の者に使う敬称だ」と誤解している人もいます。

ビジネスの場では「殿」はなるべく使わないのが無難ですね。

「様」なら、相手を不愉快にさせることはありません。

迷ったときは「様」を使いましょう。

田中部長
営業部長
と、役職を併記する場合どうするかについては、⇒役職に様や殿の敬称をつける?つけない?正しいつけ方とは!にまとめました。

社内文書、社内メールでの使い方

議事録や報告書、社内メールなど、社内の相手にだす宛名には、「殿」が多く使われています。

社内の身内宛に書くものですから、「氏名+様」はちょっと他人行儀に過ぎると感じるのでしょう。

社長殿
社長 東京太郎殿
営業部長 山田太朗殿
人事部長殿

は、なにも問題ありません。正しい表記です。

かといって、

社長 東京太郎
営業部長 山田太朗

など、様を使うのは間違いだ、とまではいいません、「殿」の方がより好ましいということです。

反対に、「様」の方が好ましいという人がいても不思議ではありません。

実際、会社によっては「様」を使うルールがあるとか、慣例がそうなっているというところもあります。

ローカルルールのようなものです。

多くの人が「様」を使っているのなら、その部署に属しているあいだは「様」を使えばいいんです。

そして、転職した場合には、また新しい部署のルールに従いましょう。

ただし、

山田営業部長殿」の表記は間違いです。

この場合、敬称は不要です。

とはいえ、なにもつけないで「山田営業部長」では、呼び捨てにしてるみたいで気持ち悪いですか?

だったら、「営業部長 山田殿(様)」にしましょう。

スポンサーリンク

弁護士による「殿」の使い方

じん兵衛の親戚に若手の弁護士がいます。

この記事を修正・追記するにあたり、弁護士としての彼が、どんな敬称の使い方をしているのか聞いてみました。

おもしろいこと言ってました。

  • 争う相手となる敵には、「殿」を使う。
  • 仕事の依頼人、お願い事をする相手には、「様」を使う。

ことばを変えれば、

  • お金や要求を突きつける相手には、「殿」
  • お金をくれるお客様には、「様」

ということです。

殿と様には、こんなニュアンスの違いもあるんですね。

ですから、自分宛ての手紙が「氏名+殿」できたりすると思わず緊張するそうです。

仕事柄そうなるのか、なにか身に覚えがあるのでしょうか。笑っちゃいます。

殿と様の違うところはどこ?

小学館『日本国語大辞典』の解説によれば、

殿は、
「人名、官職名などに付けて、敬意を表す。古くは、「関白殿」「清盛入道殿」などかなり身分の高い人に付けて用いたが、現代では、官庁など公の場で用いるほか、書面などでの形式的なもの、または下位の者への軽い敬称としても用いる。」様は、
「人の居所、身分、氏名に添えて敬意を表す語。
室町時代から用いられ、「殿(どの)」より丁重な表現であった。」

となっています。

ざっと読んでみると、殿と様の使い方が、なんとなく分かってくるのではないでしょうか。

感謝状、表彰状など公的な文書が、個人名・団体名にかかわらず敬称に「殿」を使っているのも納得です。

以前は、役所から個人宛にだす信書は「殿」を付けるのが主流でしたが、現在では「様」に変わりつつあります。

「殿」には誤解が多い

世間には、次のようなイメージがあるようです。

  • 「殿は敬称ではない、目上から目下の者を呼ぶ場合にしか使わない」
  • 「殿を格上の人に使うのは失礼」
  • 「目上から目下の人に対して用いるのが今日の慣行である」
  • 「殿をビジネスの場面で使うのは好ましくない」

「殿」も散々ないわれようで、まことに同情を禁じえません。

「敬称ではない」なんて意見は論外として、よく耳にするのが「殿を格上の人に使うのは失礼」という意見。

あなたも聞いたことがあるのではないですか。

でもこれって、肝心の「私信に限り」という前提の部分が抜け落ちていますから。

正しくは、「私信に限り、殿を格上の人に使うのは失礼」です。

私信ではない、公用文やビジネスの場では、格上の人に使っても問題にはなりません。

「だったら、殿と様の正しい使い方ってなんなんだ・・・」、あなたの声が聞こえてくるようです。

でも、言葉は生きており、時代とともに変化しています。

変だと思いながらも、多くの人が使っていると、やがてそれが新しいマナーになっていくこともあります。

加藤一郎支店長」は、現代ではビジネスマナーにかなっているという意見がでてくるのもそのためです。

国語的には間違っていても(二重敬称になるから)、実社会では認知されていくわけです。

ただ、じん兵衛は、それがイヤですから、正しいと思う用法を守っていきたいと思います。

加藤一郎支店長
支店長 加藤一郎

どちらかにすべきです。

まとめ

役職名の下には・・・「殿」

個人名の下には・・・「様」

これが基本の使い方です。

しかし現代では、「様」が万能の働きをしてくれます。

使い方に迷った時は、「殿」でなく「様」を使っておけば間違いないでしょう。

役職名を併記する場合も、「役職+氏名」のかたちにして「様」を使うようにすれば悩むこともなくなりますよ。

スポンサーリンク

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す