はてな備忘録と雑記

じん兵衛のはてな備忘録 すぐ忘れてしまう「はてな!」を書きためています。

お礼状を送るときの封筒の色は茶色でなく白色にするべき理由!

calendar

reload

お礼状を送るときの封筒の色は茶色でなく白色にするべき理由!


こんにちは じん兵衛です。

社会人ともなれば、いろんな場面でお礼状をだす機会がでてきますよね。

そんなとき、

お礼状に使う封筒の色はなににすべきか、
封筒は、一重か二重のどっちを使う、
便箋の種類はどんなのにすればいいのか、

などと、

迷うことがでてくると思います。

今回は、お礼状をだすときの正しい封筒の色選びなどについて解説します。

スポンサーリンク

封筒の色選び

和封筒

    • 内定をもらった会社へのお礼状、
    • 面接後のお礼状、
    • 職場実習でお世話になった人へのお礼状、

などを送るときには、お礼状を入れる封筒にも気配りをしないといけません。

封筒の色は白で無地の和封筒(二重)を使ってください。

白無地の和封筒は、すべての手紙に使えるフォーマルな封筒ですから、オールマイティーに使えますよ。

文房具店や100均にいけば、茶封筒をはじめ封筒の色はいく種類もありますし、きれいな模様の入った封筒も多くみられます。

でも、これらは使いません、というか、

お礼状を入れる封筒としてはまったく適していません。

お礼状を受け取って相手が最初に目にするのは、文章ではなくデザインです。間違ったものを選んで第一印象を損なわないように気を付けておきましょう。基本は白でシンプルに、と覚えておいてください。
引用元:お礼状に適した便箋と封筒のデザイン

企業には多くの郵便物が届きますが、その多くは茶封筒のものです。

これは価格が安い茶封筒を利用する会社がそれだけ多いということだと思います。

特に事務的な業務で書類を郵送する場合、企業間での書面のやりとりには茶色の封筒を用いることが一般的なんです。

そんな茶封筒は、相手に対して事務的な印象を与えかねません。

言葉を変えれば、形式的なお礼状にしかみてもらえない可能性もあるということです。

また、カラフルな色の封筒や、模様の入ったものは事務的な印象を与えることはないと思いますが、

相手次第では、軽い人間だとの印象をもたれかねません。

お礼状は、フレンドリーな気持ちを伝えるためのものではありませんから、お礼状を入れる封筒には適しませんよね。

封筒は一重か二重か

封筒には、一重の封筒と二重の封筒とがあります。
正式な手紙では、通常は二重の封筒を使いますが、弔事の手紙においては「不幸が重ならないように」との理由から一重の封筒を使うことがマナーです。

引用元:手紙の書き方大辞典

スポンサーリンク

お礼状を書く便箋の選び方

便箋は、縦罫線の入ったものを使います。

横罫線の便箋はダメだということはありませんが、お礼状などの改まって手紙や、目上の人にだす手紙には縦罫線の便箋を使ったほうが無難です。

横罫線は、友人関係や事務的な手紙に限定して使うのがマナーです。

罫線の使い分け
罫線がない便箋・・・全ての用途に使用できる
縦罫線の便箋・・・全ての用途に使用できる
横罫線の便箋・・・親しい相手へ送るカジュアルな手紙、ビジネス文書

色・模様の使い分け
白無地の便箋・・・全ての用途に使用できる
カラーや模様が入った便箋・・・親しい相手へ送るカジュアルな手紙
引用元:手紙の書き方大辞典

まとめ

お礼状を書くときは、

  • 縦罫線のはいった白無地の便箋を使います。
  • 封筒は、和封筒(二重)の物を使います。
  • 封筒の色は、白色無地のものを使います。

スポンサーリンク