はてな備忘録と雑記

じん兵衛のはてな備忘録 すぐ忘れてしまう「はてな!」を書きためています。

気付と宛名に書く意味!手紙・宅急便・荷物など宛名住所への書き方!

calendar

reload

気付と宛名に書く意味!手紙・宅急便・荷物など宛名住所への書き方!


手紙や宅急便の荷物などで、宛名のところに「気付」と書いてあるのを見たことってないですか。

「気付」は「きづけ」と読み、郵便物を相手の住所に送るのでなく、その人と関係のある所、立ち寄る所にあてて送る時に、注意を願う意味であて名に付ける語です。

この「気付」という言葉はとても便利なもので、こんな使い方をします。

  • 郵便物や宅急便の荷物などを、直接当人の住所に送るのではなく、
  • 当人と関係のある宛名住所(△△)に送り、
  • そこから当人(〇〇)に渡してもらいたい、という場合に、
  • △△気付〇〇様と書きます

この記事では、「気付」が使われる具体例とともに、ビジネス関係で使う際のマナーについて解説します。

スポンサーリンク

宛名の下に「気付」と書く事例

宛名住所の会社や団体など、に属していない相手に対し、そこを経由して手紙や荷物を届けたい場合に使用します。

身近な例でいえば、

  • ホテルの宿泊者へ郵送する場合とか、
  • ゴルフ場へ宅配便でゴルフバッグを送る場合

とかに、「気付」が使われます。

出張先の〇〇社にいる、△△社の社員に送る場合

△△会社の山田一郎さんが、得意先の〇〇株式会社へ出張しています。

その山田一郎さんに書類などを郵送したい場合。

住所
〇〇株式会社 気付
△△会社 山田一郎様

という宛名書きをします。

また、詳しい部署名がわかっているなら、

住所
〇〇株式会社 〇〇部〇〇課 気付
△△会社 山田一郎様

とします。

なお、〇〇株式会社には御中はつけません
御中をつけると、〇〇株式会社が受取人になりますので、意味不明な宛名となります。

差出人のビジネスマナーが疑われても仕方がないことになりますので注意しましょう。
御中の意味と正しい使い方!

宿泊先のホテルに荷物を送る場合

チェックイン前であれば

住所
〇〇ホテル フロント気付
氏名様(自分宛てに送るなら「氏名行」)
(〇〇日より△泊)

と書きます。

チェックイン後であれば

住所
〇〇ホテル フロント気付
〇〇号室 氏名様

の宛名になります。

〇〇会社のAさんを介してBさんに送る場合

加藤太郎さんに届ける品物を、〇〇会社の山田一郎さんから渡してもらうことになり、

品物を山田一郎さんの会社宛へ送るように指示された場合。

住所
〇〇会社 営業課山田一郎様 気付
加藤太郎様

と書きたくなりますが、
この場合、加藤さんと〇〇会社との間にはなにも関係はありません。

それに、加藤さんが〇〇会社に立ち寄ることもないのですから、「気付」を使うのは間違いです。

このような場合一番良い方法は、

加藤太郎様の宛名で梱包したものを、さらに梱包して、山田一郎様宛で送ることです。

住所
〇〇株式会社 営業課 山田一郎様
(加藤太郎様お届け分)

と添え書きしておけば、申し分ないです。
(この場合、加藤さんと山田さんとの間で事前に話が通じていることが前提です。)

スポンサーリンク

A社の一角を間借りしているB社に送る場合

住所
A株式会社 気付
  B株式会社 御中

小説家の先生にファンレターを送りたい場合

新刊本が面白くて、ぜひ作者に感想文を送りたいと思っても住所は公表されていないので手紙を届けることはできません。

こんな時には「気付」が使えます。

住所
〇〇出版会社 気付 △△先生

これで先生の元へ届きます。

アイドル宛でも、

住所
所属事務所名 気付 アイドル名様

と書けば事務所が届けてくれます。

祝電や弔電を送る場合

住所
〇〇ウエディング 気付
(新郎・新婦名)様

住所
〇〇葬儀場 気付
〇〇△△(喪主名)様

喪主の親族が友人で、その友人にお悔やみの弔電を送りたい場合でも、宛先は喪主名になります。

スポンサーリンク

送付先が個人宅の場合も気付は使えるのか

個人の住宅に送る場合には「気付」は使わないという説もありますが、

そんなことはありませんし、「気付」の使い方として間違っているわけでもありません。

確かに、使う機会は少ないでしょうが、状況により、「様方」ではなく「気付」を使うことがあります。

たとえば、山田一郎さんが友人の加藤太郎さんの家に、一時的に滞在させてもらっている場合、

住所
加藤太郎様 気付
山田一郎様

の宛名になります。

一時的な滞在でなく、長期に下宿させてもらっているような場合には

住所
加藤太郎 様方
山田一郎様

の宛名書きになります。

その住所に、
一時的な滞在なら、「気付」
常住しているなら、「様方」

と、覚えればわかりやすいです。

気付は消すのか

返信用封筒の宛名が
〇〇事務局 気付

などとなっていた場合、「気付」を消して「御中」にしないといけないのか?

本来の「気付」の使い方を考えれば、「〇〇事務局 気付」は変です。

〇〇事務局 気付
山田太郎 行

なら、分かります。

〇〇事務局 気付
山田太郎 様

に直せばいいですよね。

ただ、相手が「気付」を「行」と同じように考えてつけているなら、「気付」を消して「御中」にしてもいいのですが、

相手の考えがわかりませんから、こういうのは本当に困ります、いい迷惑です。

「気付」はそのままにしておきましょう。

まとめ

気付とは、

  • 郵便物や宅急便の荷物などを、直接当人の住所に送るのではなく、
  • 当人と関係のある宛名住所(△△)に送り、
  • そこから当人(〇〇)に渡してもらいたい、という場合に、
  • △△気付〇〇様

と、手紙や宅急便の荷物などを仮に一旦受け取ってくれる、相手の宛名住所につける語です。

正しく便利に使いこなしたいものです。

関連記事

>>御中の意味と正しい使い方!宛名が〇〇係行のときはこうする

>>「〇〇在中」の意味!封筒への書き方!文字の色と書く位置は?

スポンサーリンク

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す