はてな備忘録と雑記

じん兵衛のはてな備忘録 すぐ忘れてしまう「はてな!」を書きためています。

吉日とは意味と使い方!手紙やビジネス文書の日付に使う理由!

calendar

reload

吉日とは意味と使い方!手紙やビジネス文書の日付に使う理由!


あなたは、どんなときに手紙や文書の日付を「◯月吉日」という書き方にしますか。

私は、町内会の行事お知らせ文書を作成した折に、作成日を「◯月吉日」にしてもいいのかどうかで悩みました。

悩んだ理由は、なぜ吉日としてもいいのか、その意味と使い方を自分で説明できなかったからです。

でも、世の中には「◯月吉日」という日付が書かれた文書はあふれていますよね。

通常のビジネス文書にさえ、「◯月吉日」と書かれたものがあります。

そもそも、手紙や文書の内容が「祝い事」とは関係がないのに、日付を「吉日」とする意味はなんなのでしょうか。

この記事では、そんな疑問を解決したくて調べたことをまとめてみました。

スポンサーリンク

「吉日」の意味

「吉日」とは、「祝い事などをするのによい日がらである」ということを意味します。

「大安吉日」とか「吉日を選んで婚礼をあげる」などのように使われています。

そのため、

結婚式の案内などを始めとする各種の祝い事に関する文書の作成日付には「◯月吉日」が使われています。

お祝い事のご案内に際し、◯月のこの佳き日を選んで書きました。

という気持を表すために、「吉日」という縁起のよい用語を使っているのです。

「◯月吉日」が使われている祝い事の案内状や手紙など。
これらは、「◯月吉日」にするのが常識のようです。

婚礼 (結婚式、披露宴の招待状)
建築 (地鎮祭、建前、上棟式のお知らせ)
記念日(創立記念日や祝賀パーティーなど、祝い事の案内状)
還暦など、おめでたい日を祝う案内状

慶事以外の案内にも吉日が使われる意味は?

慶事と関わりのない、一般文書でも作成日付を「◯月吉日」にするときがあります。

たとえば、次のような種類の文書のなかには、「◯月吉日」という日付表示をしているものがあります。

  • マンション掲示板の「案内文書」
  • 自治会から、地元の各世帯への配布書類
  • 町内会の回覧文書
  • 各種行事案内書
  • 大会開会式の招待状
  • PTA会長の挨拶文
  • PTAから保護者へのお知らせ文書
  • 各種ダイレクトメール
  • 転居を知らせる手紙やハガキ
  • 証券会社からお客様各位への「資料送付のご案内」
  • 企業から株主への、ご優待品贈呈のご案内

その他にも調べればもっとあると思います。

これらの場合、なにも「この佳き日を選んで・・・」という気持ちをこめているとは思えません。

スポンサーリンク

日付を「◯月吉日」とした意味ってなに?

これら文書に共通するものはなんだろうと、
作成者になったつもりで、考えたときに思い当たるのが、

  • 日付を明記しなくても法的問題はおこらない。
  • あえて、日付をぼかしたい。

この二つの理由が考えられました。

作成日を明記するまでもないとか、
明記することで生じる不都合とか、
明記しない便利さを考え、

あえて「吉日」というあいまいな表現にしているにすぎないと思います。

意味からすれば、「◯月某日」にしてもよさそうですが、さすがにこれは使いづらいです。

ですから、

「某日」のかわりに「吉日」を使っているのです。

つまるところ、

「作成日をはっきりさせず、あいまいにしておきたい」という気持ちを具現化したものだと思っています。

日付を明記する必要性がない

契約書や請求書や領収書や見積書や稟議書など、ビジネス文書においては、その書類の作成日は重要な意味をもっています。

そのため、ビジネス文書においては、日付を「○月吉日」とあいまいな表現にすることはありませんし、許されません。

しかし、

「◯月吉日」と表記している文書の場合、
読んでみるとその内容からして作成日付がビジネス文書と同程度の重要な意味をもっているとは思えません。

言葉を変えれば、文書の差出人と受取人との間で、作成日付が争いの場に持ち込まれることは考えられません。

もっといえば、作成日なんかはどうでもいい文書ではないかということです(笑)。

結局、明記する必要性がないから、利便性を優先して「◯月吉日」としているのではないかと思います。

たとえば、「5月吉日」の日付で印刷された文書であれば、

5月中ならいつ渡しても、いつ発送してもよいわけで、作成者側にしてみればとても便利です。

ただ、受け取る側にもいろんな人がいます。

「不幸続きだというのに、吉日と書いて送りつけるとは、嫌がらせか」と理不尽な怒りを買うことがあるかもしれません。

人はそれぞれ、難しいですね・・・

作成日をぼかしたい

回覧板で各戸を回っていくお知らせとか、役割の人が地域の全員に配布する文書など、

状況によっては全員に届くのに、数日かかる場合もあります。

作成日が明記されている文書だと、
人によっては、「なんでこんなに遅く届くんだ」と不快に感じるかもしれません。

だからその対策として、あえて「◯月吉日」として作成日をぼかしているのではないかと思います。

まとめ

慶事に関わる案内状など以外の文書については、その文書が書かれた日付は明記されているのが本来あるべき形式です。

ただ、文書の性質によっては、慶事に関わる文書でなくても「◯月吉日」の日付表記は多くの場で使われているのも事実です。

ただし、利害関係者同士でやりとりするビジネス文書などにおいては、

「吉日」というあいまいな表現が使われていることはありませんし、使うことは許されません。

また、読み手の気持ちは人それぞれですから、

「◯月吉日」をまったく気にしない人もいれば、一言ツッコミを入れたがる人もいるでしょう。

私の場合は、「◯月吉日」としましたが、
あとから思うと、なんか「逃げ」の姿勢がみえるようで、チョット後悔しました。

「町内会のお知らせ程度の文書なら、日付はちゃんと明記してもよかったかな・・・」と反省しました。

スポンサーリンク

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す