はてな備忘録と雑記

じん兵衛のはてな備忘録 すぐ忘れてしまう「はてな!」を書きためています。

「一日一快」!こんなことをすれば幸せになれそうです

calendar

reload

「一日一快」って、ちょっとした事でいいので、
なにかワクワクすることをしてみようということです。

「部屋が殺風景だからバラをかざってみようか」

「近くに新しいパン屋ができて、美味いし店員さんが
美人だというから買ってこうようか」とか

なんでもいいから、ちょっとワクワク、ドキドキする
するようなことができたら、それが「一日一快」だそ
うです。

作家の城山三郎さんが著書の中で「一日一快」のことを
そう書いてみえました。

こういう生き方は健康にも大変良いようです。

あれは健康に悪い、これは体に悪いと、あまりにも
健康のことを考えすぎて禁欲生活におちいるようでは
ストレスはたまるしイライラする。

これでは「健康病」ですよね。

昔見た映画に黒澤監督の「悪い奴ほどよく眠る」と
いうのがありましたが、医者の間では「悪いやつほ
どよく治る」というそうです(本当らしいですよ)。

不摂生な生活がよいというのではなく、健康は深く
考え過ぎないほうがよいみたいです。

生きるうえで、マイナス思考よりプラス思考でポジティブ
な生き方のほうがよいのは当然ですが、あまりにもそれに
とらわれて「がんばろう がんばろう」ではストレスがた
まりませんか?

たまにはそんなこと忘れて、好きなことに熱中したり、
何もせずに一日中ゴロゴロするのもいいじゃないですか。

たまには楽しめる範囲のギャンブルも、感情のエキサイ
ティングが味わえてイ~刺激になりますよ。

でも一番感情を揺さぶるのは、いつの世も「恋心」!

今日のニュースでいってましたが、85歳のじいちゃんが
80歳のばあちゃんにストーカーしたんだってね。

ほかにも、60歳のじいちゃんが20代の独身女性にストー
カーしたとか、

でもこんな「恋心」はどうなんでしょうかね。
わたしは責任もてませんからね。

適度に心地よい刺激で体の免疫機能もたかまることも
わかっているそうですから、適度に自由にふるまって
ストレスをためない「一日一快」の生活を送りましょう。

わたしも、この夏初めて浴衣を着て、バケツの水に足を
突っ込み、スイカをがぶり。

いや~満足 満足!いい気持ちでした。
これで「一日一快」チョット寿命がのびた気がします。

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す