はてな備忘録と雑記

じん兵衛のはてな備忘録 すぐ忘れてしまう「はてな!」を書きためています。

借金を時効成立で0円にするために必要な手続きとは!

calendar

reload

借金を時効成立で0円にするために必要な手続きとは!

借金を0円にする方法は、二つあります。

一つは、借金を完済すること。
もう一つは、時効を成立させて借金を0円
にすることです。

借りたお金は返さないといけません。

でも、

返したくても返せない事情が・・・、
無い袖は振れない

そんな人たちはどうしたらいいのか・・・

この記事では、時効をむかえた借金を0円
にするための手続きについて解説します。

スポンサーリンク

なぜ、時効で借金が0円になるのか?

お金を借りた人(債務者)には、
借金返済の義務があります。

他方、お金を貸した人(債権者)には、
借金を取り立てる権利があります。

ただ、

この権利は、永久にあるものではなく、
一定の期間これを行使しないで、
放置しておくと、消滅してしまうのです。

いつまでも権利を行使しないで放置している
債権者を、法律は守ってくれないのです。

これを、消滅時効といいます。

金融会社など法人からの借金なら5年
個人からの借金は10年です。

当然ですが、時効が成立すれば、
法的に返済義務はなくなります。

実質、借金が0円になるということです。

借金を0円にする手続き!時効の援用とは

でも、

消滅時効が成立すれば、それだけで
借金が0円になるわけではありません。

「時効が成立して、借金を返済する義務が
なくなったので、残債務は返済しません」と
債権者に伝えないといけません。

これを消滅時効を援用するといいます。
援用とは、時効の利益を受けるということ
を相手に伝えることです。

具体的には、

時効援用通知書を、配達証明付きの内容証明
郵便で郵送するという方法をとります。

これをすることで、借金を0円にすることが
できるのです。

逆にいえば、

「時効の援用」をしないと、借金はいつまで
も残ったままとなります。

スポンサーリンク

債権者が仕掛けるわな

時効が成立しただけでは、
借金はなくなりません。

債権者は、借金を取り立てようと、
あの手この手で債務者に甘言をろうします。

とにかく、債務者に時効援用権を行使された
らそれで全てが終わってしまうので、

その前に、なんとか少額の返済をさせたり、
返済する意思を取り付けようとして、
必死です。

借りた弱みから、電話口で

「なんとか返したいとは思っているのですが
・・・」

なんていったら、一巻の終わりです。

借金が残っていることを認め、
返済する意思があることを伝えた、
あなたのことばは、バッチリ録音されて
いますので、

たとえ信義則の問題があるといえども、
時効援用の主張ができなくなってしまい
ます。

新たに、5年とか10年の時効期間開始の
ゴングがなることになります。

まとめ

時効が成立すれば、
借金の残債務は、時効援用の手続きを
することで、0円にすることができます。

ただ、時効が完成しているかどうかは、
慎重に確認しないといけません。

時効完成前に、時効の援用を債権者に伝え
ようものなら、

あの手この手で時効の中断手続きをされて
しまいます。

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す