はてな備忘録と雑記

じん兵衛のはてな備忘録 すぐ忘れてしまう「はてな!」を書きためています。

緑内障の治療法とは進行を止めること!元に戻す方法はまだありません

calendar

reload

緑内障の治療法とは進行を止めること!元に戻す方法はまだありません


緑内障性障害はいったん生じると、治癒したり元に戻ったりすることはありません。

それは、緑内障の特徴が神経細胞の消失にあるかからです。

中枢神経系の細胞は死んでしまうと、
筋肉、骨、皮膚などの細胞のように、
他の細胞で補充される事はありません。

これが中枢神経系の細胞が他の細胞と根本的に異なる点です。

しかし、視野障害については、ある細胞が正常に機能していないものの、まだ死んでいない場合には、

状態が改善すれば神経線維はある程度修復が可能なため、限局的ではありますが回復する可能性が多少はあります。

このような場合には、視野障害が部分的に回復することもあるのです。

現時点では、神経細胞の再生を促す方法がないため、

障害を元に戻すことはできませんが、研究が進めば、おそらく将来的には可能となるでしょう。

それ故、現在の治療の中心は、緑内障の障害を予防すことにあります。

またすでに障害がある場合には、その進行を阻止するよう務めることになります。

スポンサーリンク

緑内障の治療法

緑内障の治療は大きく分けるとつぎの3つになります。

薬物治療
レーザー治療
外科治療

薬物治療は主に点眼薬による治療で、房水の産生を抑制し、排出を促進する作用のある薬物を用います。

現在はよく効く薬物が開発されており、大半の患者は点眼薬によって眼圧をコントロールすることができます。

欠点は、よく効く薬物であっても、点眼をやめると眼圧が再び高くなるので、生涯にわたって点眼を続けなければならないことです。

しかし、点眼は1日に1~4回のことでありどこでも手軽にできるので、患者にとっては負担が少なく、全身の副作用も少ない治療です。

薬物治療で緑内障の進行を止めることが出来ない場合、あるいは、副作用が出て薬物治療が継続できない場合などは、レーザー治療あるいは外科治療によって房水の循環・排出をよくし。眼圧を下げます。

関連記事
緑内障の視野欠損を簡単チェック!自宅でできる簡易法!
緑内障の症状と原因!あなたは大丈夫ですか?
緑内障の原因!障害を引き起こす危険因子とは!

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す