「虫が良すぎる」「虫がいい」の意味と例文!虫ってどんな虫?

calendar

reload


「虫が良すぎる」は「虫がいい」を強調したいい方。

「虫がいい」状態をさらに過ぎると、「虫が良すぎる」になります。

「あのハンバーグは、うまい」
「あのハンバーグは、うますぎる」

という使い方と同じですよね。

スポンサーリンク

虫が良すぎるの意味は

虫が良すぎると指摘
自分に都合のいいことばかり、自分の利益だけをはかって他を顧みない、あまりにも身勝手だという意味の表現です。

こういう人って結構いますよね。

自己中で、調子よく、自分にとって虫がいいことばかり考える人。

実際の使われ方をみると、その意味はよくつたわると思います。

他人事ではなく、じん兵衛も気をつけなければと反省です。

虫が良すぎる、虫がいいの例文

  • あれもこれも欲しいなんて、よくもそんな虫がいいこといえるもんだ。いいかげん虫が良すぎるよ。
  • 楽して東京大学へ入ろうなんて、虫がいい考えだ。身の程知らず、虫が良すぎるってもんだ。
  • 舞台の稽古には出られないけど、主役をやらせてくれなんて、虫がいい話だ。
  • さんざん会社に迷惑をかけておきながら、円満に退職しようなんて、虫が良すぎるよ。

本当に、自分の都合のいいことしか考えていませんよね!

こういう態度を、虫がいいにも程があるっていいます。

スポンサーリンク

「虫がいい」の虫ってどんな虫?

もちろん、本当の虫、実体のある虫ではないです。

この虫とは、

”人間の体内にあって、意識・感情を起こすと考えられるもののもとになるもの。潜在する意識・心”

と考えられています。

あなたにも、わたしにも、誰の体の中にも存在するものです。

同じ「虫」を使った、よく聞く言葉

「虫の知らせ」、
なんとなく心に感じる。予感がする。「虫の知らせがあった」

「虫が好かぬ」、
なんとなく気にくわない。特に理由があるわけではないが、好きになれない。

「腹の虫がおさまらない」、
腹立たしく、我慢ができない心の中の感情を、腹の中の虫にたとえる。あいつが頭を下げてこないうちは、腹の虫がおさまらない。

まとめ

「虫が良すぎる」「虫がいい」とは、

自分に都合のいいことばかり、自分の利益だけをはかって他を顧みない、あまりにも身勝手だという意味の表現です。

肯定的な意味で使われる言葉ではないですね。

スポンサーリンク

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す