はてな備忘録と雑記

じん兵衛のはてな備忘録 すぐ忘れてしまう「はてな!」を書きためています。

水虫をうつさない、うつされないための家族の予防法

calendar

reload

水虫はうつってしまうので、家族に水虫患者がいた場合、他の人にも感染してしまう可能性があります。

5人に1人が水虫と言われる時代、。怖いのはその感染力なんですね。
だから、水虫の患者に家の中を素足で歩き回られては、ほかの家族はたまったものではありません。
もし、自分が水虫だったら、あのにっくき白癬菌(はくせんきん)を家族にうつさないためにどうしたらいいんでしょうか。

スポンサーリンク

水虫をうつさない、うつされない、ようにするために重要なことは

・いつも足を清潔に保つ
白癬菌は皮膚に付着しても24時間以内に洗い落とせば感染を防ぐことができるといわれて
いますので、毎日お風呂に入って足を洗うようにしてください。
風呂から出たら足指の間をよく拭きしっかり乾燥させることが大事です。

・素足で歩かない
素足で歩くというのは危険なのでやめましょう。
はがれ落ちた垢や皮膚片のなかでも水虫の白癬菌は生きています。
素足で歩くことは、水虫の素を撒き散らしているのと同じことなんですね。

・通気性のいい靴下を履く
白癬菌は湿気があって暖かいところが好きなんです。
一日中靴をはいて、仕事をしている人はいつ水虫に感染してもおかしくありません。
靴の中は白癬菌の天国です。靴は毎日違うものを履き、一度履いた靴はよく乾燥させま
しょう。1日8時間以上靴を履いていると水虫になる確率はかなり高まります。

・タオルや足拭きマットを共用をしない
共用すると感染する可能性が高くなるので、自分専用のものを使い、うつさない、うつされ
ない、ようにしましょう。

・こまめに掃除をする
床を綺麗な状態にしておくことで、菌の繁殖を防ぐことができます。

こういったことを意識して生活をすれば、水虫をうつさずに済むはずです。
あと、白癬菌をよせつけない強い肌環境を整えることが大切です。

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す