はてな備忘録と雑記

じん兵衛のはてな備忘録 すぐ忘れてしまう「はてな!」を書きためています。

水虫の原因ってなんだ?再発させず家族にもうつさず治すにはどうする

calendar

reload

水虫は市販薬で治せるので必要以上に怖がることはありません。

本来は皮膚科へいくのが一番よいと思いますが、「水虫治療」というのはかっこよくないです。
とくに、美男・美女のあなたには「水虫治療」は似つかわしくないですよ。

私は以前皮膚科で水虫の治療をしたことがあったのですが、脱いだスリッパを元の場所に戻そうとしたら 「そのままでいいですよ」との看護婦さんの言葉。脱いだスリッパに除菌スプレーをぶっかけ、持ち去りました。

病院としてみれば水虫患者が使ったスリッパを他の人に使わせることができないという当然の処置なんでしょうが、なんか自分が悪いことをしでかしたみたいで、複雑な気分にさせられました。

話を元に戻し、薬局へいけば水虫の市販薬が多く販売されていますので、自分の症状に合ったものを正しく使えば治すことは可能です。

ただ、症状に合わないものや使用方法を間違えて使うと治すことができないので、薬局にいったら薬剤師に症状を伝えて選んでもらったほうが確かです。

使用する場合は、必ず足を清潔な状態にしてからにしてください。不衛生な状態で使用しても効果がないので、お風呂で足を洗って皮膚を柔らかくしてから使いましょう。

足を洗う場合は殺菌効果のある石鹸を使用するのもよいのですが、殺菌効果が強すぎて肌にダメージをあたえては逆効果となりますので注意して下さい。

薬はたくさん使用すれば治るというものではありません。商品の説明をきちんと読み、必ず用法用量を守るようにしましょう。

また、すぐには治りきらないのが水虫の厄介なところ、最低でも3ヶ月以上は使い続ける必要があります。

根気強く使い続けることが重要なんですが、それと同時に水虫をよせつけない肌環境を整えることも重要です。

スポンサーリンク

水虫の原因を知らなくては水虫の感染から身を守ることは出来ませんよね

水虫の原因は白癬菌と呼ばれるカビなんです。
白癬菌が皮膚につき、それを洗い流さずに放置して、菌が角質に入ってしまい、高温多湿の環境での生活を続けた時に増殖を始めます。

ただ皮膚についただけの状態では増殖することはありません。増殖する前に、洗い流してやればいいんです。

毎晩、きちんと足を洗い、清潔に保っていれば水虫にはならないと考えていいです。

そして、以下のような環境が菌を増殖させるということをよく理解しておきましょう。

・足が不衛生
・足のむれ
・汗っかき
・皮脂が多い
・糖尿病

足を洗わず不衛生な状態や足がむれている状態は水虫を増殖させやすいです。

汗っかきの人や皮脂が多い人も水虫になりやすいので注意しないといけません。

そして、糖尿病を患っている人も水虫が好む環境です。

水虫は防ごうと思えば防げるものなので、普段から足を清潔な状態に保つようにしてください。

これって水虫?こんな症状がでたら水虫に感染したかも

水虫はできる部位によって症状は異なりますが、一般的に以下のような症状が現われます
・強いかゆみ
・腫れ
・痛み
・足の指の間が白くふやける
・足の裏の皮がむける
・かかとが白くガサガサ皮がむける
・爪の先端がボロボロになる(爪水虫)

水虫になると基本的に強いかゆみを感じるようになります。

かゆみがあると症状が重い印象ですが、かゆみがある場合は初期症状なので、早めに対処すれば治ると思ってください。

逆にかゆみがない場合の方が症状が重いというケースが多いです。

足が腫れたり、痛みを伴い、歩くのが難しくなる場合もあります。

皮膚が白くふやけてしまったり、皮がむけるといった症状も水虫の特徴です。

かかとにできると皮膚がガサガサになり、皮もむけてきます。

爪に水虫ができると先端がボロボロになって、変形することがあります。

こういった症状がある場合は水虫の可能性があるので、早めに治療をするようにしてください。

そのまま放置してしまうと症状がますます悪化します。

水虫の治療で飲み薬ってどんなときに使うの

水虫を治療する場合、一体どのようなことをするのでしょうか?

普通の水虫の一般的な治療法は塗り薬を使って治療する薬物療法です。

ただ、爪にできた水虫になると塗り薬だけでは不十分です。
なぜなら、爪だと有効成分が届きづらいからです。そのため、爪に水虫ができている場合は飲み薬を処方されることが多いと思ってください。

飲み薬なら効率良く有効成分を爪まで届けることができるので治りやすいです。

また、塗り薬も進歩しており、以前は1日に数回使用しないと駄目でしたが、現在は1回使うだけで十分というものも増えています。

効果も確実にアップしているので、早めに薬を使用すればそこまで治すのは難しくありません。

ただし、治ったからといって安心せずに再発を防止するためにも3ヶ月~6ヶ月程度は使い続けた方がいいです。

水虫は再発する可能性があるので、油断はしないでください。

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す