はてな備忘録と雑記

じん兵衛のはてな備忘録 すぐ忘れてしまう「はてな!」を書きためています。

サーチュイン遺伝子を働かせて若返る簡単な方法

calendar

reload

「サーチュイン遺伝子」は、延命遺伝子あるいは長寿遺伝子ともいわれています。

この「サーチュイン遺伝子」を簡単に働かせる方法があるとしたら、ぜひ知りたいと思いませんか。

な~に、本当に簡単な方法ですよ。
あなたにも、簡単に出来る方法なんで、お教えします。

スポンサーリンク

ただお腹をグ~と鳴らせばいいだけのことなんです

「いい加減なこというな」とお叱りを受けそうですが、私はいたって真面目にお話しています。

これからその理由をお話します。

まず、
お腹がグ~となるということは、お腹を空腹にさせることです。

あなたの小腸は、いつまでたっても食べ物が入ってこないので、「なにがあった どうしたんだ?」とあせって胃に向って「残っている食べ物を早く送れ」といって、”モチリン”というホルモンをだします。

この”モチリン”は消化ホルモンで、胃を収縮させる働きがあります。強制的に胃を収縮させて、胃に残っている食べ物を小腸に送り込ませようとするのです。

しかし、胃になにもなければ、胃は”空腹期収縮”となりお腹がグ~と鳴るというしかけです。

すると、何も送る食べ物がないことに気づいた胃が、”グレリン”というホルモンをだします。

グレリンは空腹によって刺激された胃粘膜から分泌され、脳の視床下部に働いて食欲を出させるのが仕事です。
そして同時に脳の下垂体に働き、成長ホルモンを分泌させるのです。

この成長ホルモンは”若返りホルモン”いいます。

お腹がグ~と鳴ったら、「若返りホルモンが身体をめぐりだした」喜んでください。

ホルモンを十分に出させたいので、まだまだ食事は我慢しましょう。

そして、このお腹がグ~と鳴っている時に、さらに素晴らしい”サーチュイン遺伝子”が働いて、身体中の遺伝子をスキャンし、傷ついた遺伝子を修復してくれるというわけです。

”サーチュイン遺伝子”はお腹がグ~と鳴らない限りは働かないというのです。

だから、お腹をグ~と鳴らして、空腹に耐えていることが、サーチュイン遺伝子を働かせて若返る簡単な方法なのです。

もっと詳しくお知りになりたい方はご自分で調べてくださいね。

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す