はてな備忘録と雑記

じん兵衛のはてな備忘録 すぐ忘れてしまう「はてな!」を書きためています。

ジェネリック医薬品は安いけど使って安全なのか?

calendar

reload


「先生 薬はジェネリックでありましたら、ジェネリック
でお願いします」

「わかりました ジェネリックでだしておきます」

大抵の先生は気軽にそういってくれますが、以前にいった
ある病院では、

「うちではジェネリックは扱いません。成分が同じといっても
製造過程は違うから、先発医薬品でだしておきますから」

患者がジェネリックを希望しているのだから、サッサとだせば
いいのにと思うのだが。
医者からみて、正規品のほうが安全だという気持ちがあるのだろうか。

テレビCMでは、「病院ではジェネリック医薬品をお願いします
といいましょう」と宣伝しているのだが、これは医療費増大に
歯止めをかけたい国の陰謀か?

スポンサーリンク

なぜジェネリック医薬品は安いのか

どんな商品でも開発には相当の費用がかかります。
命にかかわる医薬品であれば、十数年の開発期間と数百億の
開発費用がかかるといいます。

これだけ苦労して開発した医薬品を、他社に勝手に真似された
のではたまったもではありません。そのため、医薬品は特許に
よって約20年保護されています。

しかし、特許が切れた後は、どの製薬会社でも厚生労働省の
認可を受ければ製造可能です。
こうして作られたものが、ジェネリック医薬品とよばれるものです。

ゼロから開発するのではなく、ただ真似をするだけですから
開発費は安く済み、価格も安くなるというわけです。

低コストで開発でき、しかもその有効成分は20年近くも使われ
続けており安全性も十分確認されているので、後発メーカーに
とっては良いことずくめのように思われます。

では、ジェネリック医薬品にはデメリットはないのでしょうか

一つ気がかりなことはあるのです。
そこがある病院で「うちではジェネリック医薬品は扱いません・・・」
という理由らしいのです。

先発医薬品と有効成分は同じでも含まれる添加物や微量の不純物は
異なるので全く同じ薬とはいいきれないということです。
全く同じ薬ではないのだから、安全面も全く同じとは言い切れない
かもしれません。

医療費が重くのしかかってくる高齢者にとっては、医療費を抑える
ためにも安価な医薬品は必須です。
デメリットに注意しながら賢くジェネリック医薬品と付き合って
いきいたいものです。

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す