はてな備忘録と雑記

じん兵衛のはてな備忘録 すぐ忘れてしまう「はてな!」を書きためています。

乾燥肌によるかゆみの対策には効果の高い入浴法でかゆみ解消

calendar

reload

乾燥肌によるかゆみの対策には効果の高い入浴法でかゆみ解消


冬から春先にかけてはとくに、乾燥肌で皮膚はカサカサになり、かゆみがつらくなる人が増えてきます。

こんな時期の乾燥肌の対策に、あったかいお風呂に入浴すれば、肌が潤って乾燥肌からくるかゆみが解消できるだろうと思うのですが、

その前にチョット待ってください。

入浴法を間違えると、かえって肌を傷つけ、よりひどい乾燥肌になってしまうことがあります。

乾燥肌によるかゆみの対策で入浴するなら、ぜひ心がけてほしいことがあるのです。

スポンサーリンク

肌にやさしい入浴法とは

シャワーを浴びるのは気持ちがいいものですが、シャワーは本人が思ってるよりも強い刺激を肌に与えています。

洗顔後も顔にシャワーをあてるのではなく、手ですくったお湯でやさしく洗い流すなど、乾燥と肌荒れの要因をつくらないやさしい入浴法を取り入れてください。

ぬるめのお湯に長くつかる

つかるお湯の温度は40℃以下にしましょう。

熱いお湯につかっていると、肌から皮質が奪われてしまいます。
乾燥肌の原因が皮質欠乏症といわれることからも、熱いお湯は皮膚の表面がカサカサとなる乾燥肌には天敵です。

体をゴシゴシ強く洗わない

泡立ちがよいからとナイロン素材のタオルで洗う人もおられるでしょうが、肌にはいい迷惑です。

ゴシゴシと洗うのは、肌を傷つけているのと同じこと。絶対にやめましょう。

肌への刺激が少い材質のものを選ぶとか、
タオルを使わないで手で洗うことがオススメです。

ときには、湯船につかりながら手で優しく肌をこすり洗う、なんていうのもいいですよ。

なにも、入浴するたびに体をしっかり洗う必要はありません。

スポンサーリンク

石鹸類やボディーシャンプーは選びましょう

肌にやさしい、とは肌への刺激が少いということ。

乾燥肌でかゆみがある人は、「石油系の界面活性剤」が配合されていないものを選ぶといいです。

もし、体を洗った際に、皮膚の表面にヌルヌルした感触がいつまでも残っているようであれば、あなたの肌には石油系の界面活性剤が残っているという可能性が高いです。

敏感肌の人にはよい影響を与えません。

石油系の界面活性剤が使われているかどうか、購入前にお店の薬剤師の方に確認されることをおすすめします。

肌はせっけん類の泡で洗う


せっけん類はよく泡立て、泡で肌をさするようにして洗います。

手の力で肌をこするのではなく、
泡で汚れを拭き取るような感じで洗います。

入浴後のバスタオルは体に押し当てるように使う

入浴後は、バスタオルをやさしく体に押し当て、肌についている水分をバスタオルに吸い取らせます。

バスタオルでゴシゴシ体を拭くのはやめてください。

スポンサーリンク

入浴後に保湿剤を塗る

お風呂上がりの肌は皮膚の潤い成分が洗い流されている状態です。

できるだけ早い時間内(5分以内がいいといいます)に保湿クリームなどで肌からの水分蒸発を防ぎましょう。

ただ、使う保湿剤が自分の肌の状態に合うかどうかは、慎重に検討することが大事です。

一番いい方法は、皮膚科での診察を受けて、医師の処方箋をもらうことです。

皮膚科などで処方される保険適用の保湿クリームといえば、ヒルドイドソフト軟膏があります。

皮膚科へいくまでもないと考えるなら、薬局の薬剤師に是非相談してください。

ヒルドイドと同じようにヘパリン類似物質が含まれている市販薬は存在します。

「アットノン」や「HPクリーム」などです。ヒルドイドと同じ成分が同じだけ配合されているわけではないので、効果は違ってきてしまいますが、市販薬の中ではヒルドイドに一番近いものなります。

>>「HPクリーム」は楽天でも購入できます

自分の肌の状態に不適切な保湿クリームなどを塗ってしまい、かゆみがひどくなってしまっては本末顛倒です。

自分にはどんな保湿剤が合うのか、慎重に選んでください。

まとめ

乾燥肌によるかゆみの対策に入浴はとてもいい方法なのですが、

間違った入浴法を続けていては、かえって肌を傷つけてしまうことになります。

肌にやさしい入浴法をとり入れ、自分にあった保湿剤を使い続ければ、乾燥肌によるかゆみにもサヨナラができると思います。

スポンサーリンク

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す