はてな備忘録と雑記

じん兵衛のはてな備忘録 すぐ忘れてしまう「はてな!」を書きためています。

ボトックス注射は危険?小顔になるために使うのはどうなの?

calendar

reload

22a075b6

ボトックス注射は危険なものなんでしょうか。

美容整形外科ではボトックス注射を、小顔にするための美容整形に使っているようですが、本当にボトックス注射は危険ではないといえるのでしょうか。

そもそも、ボトックス注射とはどんなもので、どんな効果があって
ボトックス注射で小顔にすることができるのか、あなたはご存じ
ですかでしょうか。

ボトックスとは、筋肉に信号を送る神経を遮断して筋肉の働きを
麻痺させる薬品で、元々はけいれんや顔面麻痺の治療に用いら
れています。

A型ボツリヌス菌毒素製剤ともいいます。
小顔になるのは、顔の筋肉を一定期間麻痺させることで筋肉が
やせることを期待したものだそうです。

エラの張っている部分に注射をして麻痺させることにより、筋肉が
使えない間に細くなるようにして、小顔にするというわけです。

ただ、エラが気になる場合、それが筋肉のせいなのか、それとも、
骨格のせいなのか、あるいは、その両方のせいなのか、それをカ
ウンセリングではっきりさせ、ボトックス注射の危険も知った上で
ボトックス注射を打つかどうかを決めたほうがよいです。

額など、目につくシワも、ボトックス注射でその部分の筋肉を麻痺
させることによって、シワを消すことができるそうです。

スポンサーリンク

ボトックス注射の注意点・デメリットは

ボトックスの注射をした後は、入浴、洗顔、化粧などで特別な制限が
ないため、小顔に簡単になれるということで大変な人気があります。

ただ、痛みや内出血、表情が硬くなり変わってしまったなど、副作
用や後遺症などの症状が出ている方もいるようなので、きちんと
相談してからボトックス注射を受けることが必要です。

ボトックス注射による手術のデメリットは、料金が安くはないという
こと。また、筋肉を麻痺させる効果は数ヶ月程度で消えるため、
効果を続けるには定期的なボトックス注射の実施が必要だという
ことです。

そのため、まずは小顔になるためのマッサージやエクササイズ
などを試してみて、それで満足できなかった後に、ボトックス注射
の危険も知った上で、試みても遅くはないと思います。

ボトックス注射の危険は、個人差によるところがありますので、中
には全く問題ないという人もいます。

簡単に小顔になれるボトックス注射といっても、手術ともなれば
担当医の腕前にも影響されるでしょう。また、注射後およそ3ヶ月
間は男女とも避妊しなければならいそうです

子供が欲しい人は、子供が生まれてからボトックス注射にトライ
するほうがよいみたいです。

始める前にはメリットとデメリットをよくよく検討して決めてください。

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す